お知らせ

ホーム » お知らせ一覧
2020年9月11日(金)

ピル服用中の定期血液検査項目について 「Dダイマー」:血栓の指標

 

当院では、ピルの定期採血で「Dダイマー」といった項目を測定しており、ピルの副作用である血栓症の判断材料のひとつにしています。本日は、この「Dダイマー」についてお話します。

 

– 「Dダイマー」とは?値が高いとどうなるの?

Dダイマーの解釈ですが、「陰性」であれば、かなりの確率で、血栓はないだろうと考えられていますが、その一方で、Dダイマー値が高くても、血栓症の症状(下肢の腫れ等)がないと、血栓がないことが多いようです。そして、症状があってDダイマーが高い場合は、血栓の可能性が高い…かもしれないといわれています。

 

– 判定が複雑なDダイマー

日本産婦人科学会による「ピル処方ガイドライン」では、Dダイマーの判定が複雑ということもあり、血栓症状がある場合にのみに検査するよう推奨されています。

 

普通、検査というのは、例えば検査陰性=健康、検査陽性=病気、というような単純な判定であってほしいのですが、Dダイマーは、検査陰性=ほぼ健康(血栓なし)、検査陽性=血栓があるのか、ないのか???、特に症状がなくてDダイマーが高くても血栓はないことが多い、、という検査なのです。

 

ですが、現在のところ、血栓の可能性を示唆できる簡便な検査法はDダイマー以外にありません。また、現在Dダイマー陰性=血栓なしということが、将来も血栓がないことの保証にはならず、今現在の血栓はないということがわかるということです。

…とはいえ、採血でDダイマーで血栓の可能性を考えることができることは素晴らしいことです。

 

– そねクリニックの検査で、Dダイマーが陽性だったら…?

当院でDダイマーが陽性だった場合、症状が無ければ、基本的に再度検査をしていただきます。

再度陽性がでた場合は、下肢エコー(超音波検査)などを行って血栓がないかを調べます。

エコーで血栓がなかった場合は、Dダイマーを再度再検査(つまり、再再検査)いたします。そのうえで陽性がでた場合は、念のため一度ピルの服用を中止していただいております。

 

– 恐ろしい副作用、「血栓症」を防ぐために

Dダイマーが陽性であった場合に、再検査やエコーなどで患者様にはご不便をお掛けしますが、血栓を起こして、後遺症を残したり、場合によっては命の危険に至ることのないようにしたいため、ご協力をお願いします。

 

なお、実際に血栓を起こす確率は日本では正確にはわかっていませんが、おおよそ10万人に数人から数十人程度ではないかと思われます。血栓の危険因子は「喫煙」、「高血圧」、「40歳以上」などです。

予防のために、「禁煙」、「水分補給」、「適度な運動」を心がけ、定期的に検査を受診しましょう。


タグ: , , ,

 
2020年9月10日(木)

新型コロナウイルスとインフルエンザ - 症状では区別ができない??

 

区別が難しいコロナとインフルエンザ

新型コロナウイルス感染症の感染者数が、少しずつ少なくなってきてはおりますが、

医療機関では「コロナ」と「熱中症」の区別がつかずその対応に苦慮している状況です。

夏が過ぎていけば熱中症はだんだん減っていくのですが、今度は冬になると「インフルエンザ」が流行って来ることになり、熱中症とコロナ以上にその区別が難しくなります。

 

今年はインフルエンザの検査も受けられない?!

今年の冬は多くの医療機関で、コロナの検査だけでなく、インフルエンザの検査もしないことが予想されます。

厚労省からは、「発熱の患者については電話で対応する」という方針になりそうで、指定された医療機関のみがコロナ検査と同時にインフルエンザ検査をし、コロナ感染かインフルエンザ感染かを分類して対応するということのようです。

 

冬に備えてどうしたらいいのか?

このような状況での予防策の第一として、なるべくインフルエンザワクチンを受けておきましょう。

それだけでなく、インフルエンザにかからないことも大事ですから、「マスク」、「手洗い」、「うがい(うがいについては疑いもありますが)」等を励行しましょう。

そして、なにしろ大事なことは、インフルエンザにも、コロナにも罹らないために、3蜜を避け、不要不急の外出や密な飲み会などをできる限り避けた生活をすることです。

 

さらに大事なことは体調管理です。睡眠不足にならないように栄養の偏りがないように大きなストレスをなるべく受けないように、十分注意してください。

 

日本のコロナ禍を支える医療従事者をこの冬これ以上圧迫しないためにも…皆様へお願い

もう一つ、裏側の話として、知っていただきたいことがあります。

医療機関はコロナの発生第一波以来、ほどんど休む間もなく、働き続けています。さらに、通常の診療のほかに、コロナに対して、ガウンテクニック、消毒、マスク、手袋、フェイスシールドなど、これらを装着して(装着するのに5分以上かかる。場合によっては1人で装着できないガウンもある)、作業をしています。

ひとたび装着すると、トイレも行けなくて、汗もかけなくて、これも場合にっては数時間その環境で働いているのです(時には紙おむつの場合もあるでしょう)。このような状況を毎日毎日行っている状況です。

 

さらに、物品の供給が十分でなくなると、使い捨てのものを再度使用したり(特にN95マスクは高いので、再使用しているところが多い)、本来の使用目的と違う形で使用して、感染防止をせざるを得ない(ガウンがなくて、ゴミ袋を代用していたこともあり)場合もあったりします。

 

もちろん、仕事ですから、という考えもあり、それはそれとして認めざるを得ません。しかし、このような状況がすでに8か月以上続き、常に自分も感染の危険にさらされながら、種々の感染対策をして、身体的にも精神的にも制限されたストレスの多い状況で働き続けているのです。

 

すべての医療機関がこのような環境で業務を続けているわけではないとしても、コロナの感染疑いのある患者様を含めて、コロナ感染者が増えれば、感染対策を実施した業務が長時間続くことが予想されます。

現在、コロナ感染者受け入れ病院は基本的に患者の受け入れを拒否できません。患者が増えれば、作業が長時間になることは必然的に起こります。おのずと制約された中で、業務を遂行していかなければなりません。テレビではほとんどの医療従事者はこのような苦労を話しません。そのことをどうかご理解を頂きたいのです。

 

幸いにして、現在の日本では医療崩壊をかろうじて免れています。

医療崩壊とは、コロナ感染者を収容するところもなく、対処するベッドもなく、感染者が廊下で横たわり、十分な感染対策もできず呼吸困難で苦しんでいる。そのような感染者の横を、不十分な感染対策しかできない医療従事者が忙しく働きまわっている、というような諸外国ですでに見たような光景のことです。



さて、これから冬を迎えるにあたり、インフルエンザやコロナに罹らない対策を万全にすることが、自分の身を守るためにも、医療のひっ迫を避けるためにも、必要になってくるということです。

今年の冬は特に気を付けて生活していただきたいと、医療関係者のはしくれとして、お願いいたします。

 

 


タグ: , , , ,

 
2020年9月7日(月)

【臨時休診日のお知らせ(10月・11月)】※治験協力のため

 

誠に勝手ながら、以下の日程につきましては

治験協力のため、臨時的に診察をお休みさせていただきます。

※お電話・LINEについては通常通り対応いたします。

 

<<日程>>

10/22(午後のみ) 27(午後のみ) 29(午後のみ)

11/5(午後のみ) 10(午後のみ) 12(午後のみ)

 

<<ご案内>>

・上記の日程については、健診およびすべての外来の患者様はご予約・ご来院不可となります。ご了承ください。

・また、健診結果の受取についてもなるべくご遠慮いただきますようお願い致します。


 

マグロで食中毒・・・クドア(寄生虫)にご注意ください

 

 暑い日が続いていて、食中毒が心配な季節です。本日は、身近に起こり得る食中毒についてご紹介します。

 

マグロやヒラメに潜む「クドア」

 実は、お寿司やお刺身で定番の、美味しいマグロやヒラメでも、『クドア』という寄生虫によって食中毒を起こすことがあります。この寄生虫は目では見ることができないので、アニサキスのように肉眼で動いている状況はわからず、気づくことはできません。

※アニキサス:サケやサバ等に帰省する寄生虫。幼虫が寄生した生鮮魚介類を生で食することで食中毒を起こします。

 

クドアの食中毒になってしまったら?

症状的には食後、2,3時間ののち、腹痛、下痢、場合によっては嘔吐することもあります。数時間症状が続くだけで、おさまってしまうとのことです。したがって医療機関に受診することはほとんどないようですが、年間数千人か、それ以上に人がかかっている可能性があります。

 

どんなお魚に気を付ければいい??

 クドアは冷凍によって死滅しますので、一度冷凍保存されたマグロはこの感染はないようです。

 クドアが寄生しているマグロについては、メジマグロ(3歳以下のクロマグロ、30㎏未満)や小さめのクロマグロが多く、特に日本でのメジマグロの感染率は67%、日本産クロマグロの感染率は10%という報告もあるくらいです。

 メジマグロは脂のノリがすくないので、安価な点が魅力ということと、上品な甘みが好みの人もいます。

 マグロのクドアによる食中毒については、厚労省から食中毒のに挙げられていないので、実態はわかりませんが、どうかおいしい赤身に注意してください。


タグ: , , ,

 
2020年8月24日(月)

9月診療カレンダー更新のお知らせ

2020年9月の診療は以下の通りです。
休診期間中は健康診断結果のお受取り・ご予約のお問い合わせ等ができませんのでご注意ください。

 

 

休診日は6日(日)13日(日)20日(日)21日(月)22日(火)27日(日)となります。

 

休診及び、検査機関の休業に伴い、各種検査結果のお渡しに通常よりお日にちを頂戴する場合がございます。予めご了承ください。