お知らせ ( 最新ニュースから )

ホーム » お知らせ一覧
2012年10月30日(火)

大動脈瘤について

大動脈瘤は心臓から全身に血液を送る大動脈の壁が瘤(こぶ)のように膨らむ病気です。

ある日突然、大動脈が破裂すると大出血を起こし、高い確率で死に至ります。また、自覚症状がほとんどなく進行するため、「サイレントキラー」と呼ばれます。

厚生労働省の調査によると、この病気による年間の死亡者数は約1万5000人だそうです。



【主な原因】

瘤ができる主な原因は動脈硬化。

血管壁がもろくなり高血圧の影響で瘤ができる。

直径2~3センチだった大動脈が1.5倍以上に膨らんでしまい、それが限界を超えると破れる。



【患者】

動脈硬化は年齢とともに進むので、誰にでも起こりうる。

患者は70~80代が中心。

男性が女性の約4倍。



【症状】

発症すると病院に運び込まれても約半数が亡くなると言われるほど致死率が高いが、大動脈に瘤が出来ても自覚症状はまずない。

大半の患者は破裂直前に激しい痛みに襲われる。

破裂したら大出血を起こしショック状態になることもあり、非常に危険。



※そこで重要なのが破裂する前に治療すること。

健康診断や人間ドックなどで瘤が見つかる例も多い。エックス線検査で疑いがあり、CTなどで詳しく調べたら特定できたといった具合。



【治療】

治療は大動脈の瘤の部分を人工血管で置き換える手術が一般的。これは破裂の前後で変わらない。

腹部ではステンドグラフトという器具を使う血管内治療が普及している。

従来の腹や胸を開き人工血管で置き換える手術と比べ、患者の負担が小さい。手術をしても1週間程度で退院できる。

血管の形状などから適応しやすい腹部では手術の半数以上で使われている。



大動脈瘤は決め手となる予防法はなく、この病気のためだけに定期的にCT検査などを受けるのは医学的証拠が不足しており推奨されていません。

ただ、食生活や運動などに普段から気を配り、動脈硬化の進行を遅らせればリスクを下げらます。

反対に高血圧や高脂血症、たばこはリスクを押し上げる要因です。


 
2009年3月7日(土)

医療ニュース:歯磨きでインフルエンザ予防?!

インフルエンザ対策で”ためしてガッテン”に紹介されたそうである。

 歯磨きを励行した群(ケース)とそうでない群(コントロール)で比較したところ、励行した群でインフルエンザの発生がコントロールに比べ有意に低かったという結果である。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090306-00000002-cbn-soci

 この場合、委員会の方々もそうそうたるもので、アカデミックな権威がついていて、NHKも賛同したのだろう。前向きコホートとして考えられた。

 この研究はいわゆる探索的研究の部類に入る。これによって結論づけることはまだできない。すなわちサジェスティブな示唆の域を出ない。論文として発表されても追試されていない。

 治療効果、すなわち結果に対する介入を行う研究で、記述的に結論づける場合はいわゆるランダム化比較試験(RCT)以外にない。結論を得るためには対象と介入(歯磨き?)、結果(アウトカム)をきちんと測る必要がある。このきちんと測るという操作は、たとえば

1)対象:どんな対象者か?高齢者なのか、成人なのか、児童なのか、そのミックスなのか。それらの方々に必ず書面でこのような試験をするのだというご許可をいただかないといけない。

これを何人選ぶか。そのためにはインフルエンザの発生頻度から計算されなければならない。好きな数だけとか集められるだけとか費用の限界だからとかという理由で集めるべき人数が制限されてはならない。

2)歯磨き:なにをもって歯磨きとするか。どのような行為を歯磨きとするか。歯磨き粉をつけるのか、いつするのか、1日何回するのか、1回何分するのか、誰がするのか(本人か、介護者か)などを詳細に決定しなければならない。そしてそれを確認しなければならない。それをいつからするのか。冬の間だけかどうか。虫歯だったらどうするか、糖尿病や喫煙についても交絡因子として検討しておかなければならない。

3)結果:インフルエンザの感染をどのように判定するか。なにをもってインフルエンザと考えるか。 発熱か、ウイルスの同定か、以前の抗体がある場合などをどうするか。A型かB型かなどもふくめて。

 などなど。

これらの試験に耐えて”歯磨き”が有効であれば、初めて歯磨きがインフルエンザに有効と結論できる。

今回のスタディが話題提供と考えればそれですむことではあるが・・・。 

 この話題だけでないのだが、治療介入の効果はRCT以外には決定できない。にもかかわらず、調査(日本ではこれも研究といわれてしまう) や後ろ向き研究などで治療介入の効果を結論づけてしまうことがおおい。

 


タグ:

 
2009年3月4日(水)

医療ニュース2 抗ヒスタミン薬の眠気

抗ヒスタミン薬1錠はウィスキー3杯分の判断能力になる、とのこと。
テレビで報道(?)されたそうである。
実際、眠気の来る抗ヒスタミン薬(または花粉症の薬)は眠気がひどくて判断が著しく鈍ることはある。また眠気と効果が相関する場合もあって、使い方は難しい。各社各様のパンフレットで効果と副作用をいっているが、私の実感として、下記のようである。ただし眠気はかなり個人差があるのでその点も考慮してほしい。要は自分に合っていればよいということになる。
効果(効果十分を5、効果薄いを1) と眠気(強い眠気を5眠気がほとんどないを1)を比較する。あくまで個人的印象:
ポララミン 効果3、眠気4       
セレスタミン 効果5、眠気4。5
アレロック  効果4、眠気3
ジルテック  効果4、眠気3.5(個人差あり)
ゼスラン   効果3 眠気3(個人差あり)
エバステル 効果3.5、眠気3
アレグラ 効果2、眠気1
タリオン 効果2、眠気2
クラリチン 効果2、眠気1
アイピーディ 効果3、効果1
シングレア  効果2.5、眠気0.5
小清竜湯  効果3、眠気2


タグ:

 
2009年3月3日(火)

医療ニュース:メタボと腹囲は無関係?

2009年3月1日の読売オンラインに以下のニュースが出ました。
生活習慣病とメタボ腹「関連強くない」…厚労省研究班
3月1日3時16分配信 読売新聞
 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の診断基準は、腹囲が男性85センチ以上、女性で90センチ以上あることを必須条件としているのに対し、単に腹囲が大きいだけでは生活習慣病の危険要因としては不十分という調査結果を、下方浩史・国立長寿医療センター(愛知県大府市)研究所部長を班長とする厚生労働省研究班がまとめた。
 メタボ基準を巡っては、男性の腹囲が女性より厳しいことなどについて異論が続出しており、今回の結果も見直し論議に一石を投じそうだ。
 研究班では、無作為に選んだ愛知県内の40~82歳の男女3253人について、内臓脂肪の断面積をコンピューター断層撮影法(CT)で計測。内臓脂肪面積が100平方センチ以上の肥満の人とそれ未満の人で、2000年から6年間、心臓病や脳卒中を引き起こす動脈硬化の進み具合を、心臓の冠動脈や脳血管の梗塞(こうそく)の有無など6項目で比較した。
 肥満の人は、そうでない人に比べ、動脈硬化のある人の割合が、心臓の冠動脈は女性では約1・2倍だが男性では差がみられず、脳内の細い血管は男性は約1・2倍だったが女性では差はあまりなかった。6項目すべてで差は1・5倍未満にとどまり、「全体として関連はそれほど強くない」(下方部長)と分析された。
 メタボの基準では内臓脂肪面積が100平方センチ以上の場合に危険が高まるとして、それに該当する腹囲(男性85センチ以上、女性90センチ以上)が定められた。今年度始まった「特定健診」(メタボ健診)では、腹囲が基準を超えていなければ、血圧、血糖値、脂質のすべてに異常があっても、指導の対象にならない。
最終更新:3月1日3時16分
さて、これをどう考えるのでしょう?
特定検診、特定保健指導とメタボリックシンドローム診断との乖離はどうしようもないのでしょうか。
メタボリックシンドロームの疫学調査は今後も予後も含め続くと思われます。メタボリックシンドロームはまた男女では別々に考えたほうがいいように思えます。


タグ: