お知らせ ( お気に入り )

ホーム » お知らせ一覧
2008年5月20日(火)

武田薬品 長谷川社長のお話

異業種交流会で武田薬品の長谷川閑史社長のお話をお聞きするチャンスがありました。

武田薬品のおかれている立場やブローバルな市場状況に対応するためのさまざまなビジョンを述べていらっしゃり、ひとかどの人物というのはなかなか大変なものだと、いまさら敬服する次第でした。

私自身は経営ビジョンを聞くというチャンスをなかなかつくれなかったことは残念でした。今後このような機会は逃してはいけないと思いました。

そもそも社長とは何でしょうか。零細クリニックの院長ごときがいえるようなしろものではないですね。

株主の利益の最大化をはかるというアメリカナイズされた考えはもっともですが、長谷川社長は日本における企業のありかたも追求しなければならないという難しい舵取りを迫られている状況に対して、果敢にとりくんでいらっしゃり、企業を引っ張る人間として立派でありました。

さて、

”社長の役割は語ることだ”とステファン・デニングは言っています。

語るとは何か。

勿論、ビジョンやら戦略やらでしょう。 社長が語るビジョンは明確でなければなりません。

基本的に原則だけ語るのだと思います。個人的には戦略は本来語らなくてもよいことでしょう。

で社長の語りは語っている内容それだけではありません。 そこにビジョン以外のものを語っているのです。

つまり社長の語りは物を語るだけではありません。いわゆるストーリーテラー:おばあちゃんが子供に読み聞かせるというものではありません。

社長の語りには語る間ににじみ出るその人の思いやりやまごころ、姿勢などを表にだすためです。言葉としてではなく、印象としてです。難しいですね。 ナラティブ:narativeといったりするのだと思います。

(storytellingもnarativeもはっきりした区別を知りません。知識不足です)

それはある種の芸術なり、美学なのだと思うのです。

それを示すことが社長としての役割ということでしょうか。

社長が語る美に共感し、共有することは社員としての誇りですね。

社長の美学に共感できない場合はつらいです。

 


タグ:

 
2007年5月3日(木)

大人の約束

先日約束のない出会いというのは拘束がなくていいという話になりました。

将来はいずれ農村地帯に住んで、畑を耕して、近所の人たちと仲良くやって、時にはパーティでもして、時々呼ばれたりして・・・、なんて思ってみたこともあったのですが、結局付き合いが苦手な私にとってはそんなコミュニケーションが煩わしく感じられることも多いかな、なんて誠に勝手なことを考えてしまいます。

医師として種々お話をお聞きしていると、その人それぞれのさまざまな考えがあり、価値観があるので、私たちがとやかく言ってもどうしようもないという悲観的な見方さえしてしまうことも多いのです。

私自身は希望を持って生きているつもりですが、人間関係では希望だけでは済まない部分もあり、医師として仕事をしていて、特に最近そう思うようになりました。

さて将来は・・・、なんていったのは、いったいどんな付き合いが良いのか、と思ったのです。

河合隼雄先生の本で”大人の友情”という著書があります。そのなかに夏目漱石の”こころ”が引用されています。人間関係の本質を希望だけでは済まないものとして漱石は描いていると。

人間の本質というのは知らず知らずのうちにそのような状況を作ってしまうことなのだと思います。歌の文句ではないのですが、”知らず知らずのうちに”、そうなってしまう。 気がついてみると(気がつけばいいですが)、それは時に悲劇的でさえあります。ロミオとジュリエットですね。

浜田広介さんの本で”泣いた赤鬼”という本があります。

”知らず知らずのうちに”、赤鬼と青鬼の友情は赤鬼の期待とは別な方向にむかってしまう・・・。

日常でもそんな状況はいくらでもありますね。

では大人の付き合いは何がよいのか。

それは約束しないことかな、と思うようになりました。

そのときそのときの出会いや時間を大切にする・・・、ということだけです。

約束をするから裏切られる。期待するから裏切られる。

約束しないという約束、そんな約束ができるような仲間とのコミュニティーなんて・・・・、勝手すぎるでしょうか。

 


 
2007年4月2日(月)

運動、水泳

さて最近は水泳をしています。水泳は週1回くらいなのですが、それで確実に体は締まりました。水泳を始める以前は体重85kg腹囲95cmでした。始めてまだ3ヶ月くらいですが、体重は4kg減り、81kgになりました。これでBMI25です。腹囲は92cmです。

これでもまだメタボリックシンドロームですね。私はメタボッチャンって呼んでいます。

水泳はつらいです。1km泳ぐのですが、クロールができないので平泳ぎです。低速コースの落ちこぼれです。100m泳ぐと最低5分は休む。心臓が強くないのでしょう。普通の脈拍数に戻るのに時間がかかります。本当は根性がなくてそれ以上泳ぐ”努力”をしない怠け者なのでしょう。

私よりもかなり遅い人でも連続で1kmくらい連続で泳ぐ人もいます。もっともその方にあわせると低速コースは超低速になりますが。実は私はその速度についていくのもやっとです。

プールに行くとわかりますが、コースには集団ができるのです。その集団の最後に泳ぎ始めて、50mターンして100mにつくころは集団の先頭になっています。どれくらい遅いかわかると思います。

私の水泳は以下のようです。100m泳いで、

”あぁ、もうやめよう。今日は300mで終わりだ”と思う。5分ー10分休んで、また100m泳ぐ。

”1kmは長いなぁ。今日は300mで終わりだ”と思って休む。また100m泳ぐ。

”きょうはこれで終わるのはちょっともったいない。もう少し泳げそうだ。あと100m泳いで終わろう”、って思って、休んだ後にまた100m泳ぐ。

”400m泳いだからもういいだろう。今日は後100mで終わり”と思って、また100mおよぐ。

”なんだ、500m泳いだじゃないか。もう100mで終わろう”なんて思って、また100m。

”ああ、あと400m泳ぐと1kmだけど、もう100mで終わっちゃおう”と思って、休んだ後に100m。

”あと300mじゃないか。泳げるかも。でも疲れたな。どうしよう”と思って、また100m。

”後200mか、何とかなるか”と思ってまた100m。休む。

”これで最後の100m”と思って、泳いで、やっと合計1km。

”あぁ、およいだな”と。処方時間80分です。

泳いだ後の”虚脱感”なのかよくわかりませんが、なんとなく気持ちよい。疲れているのに。これがやめられなくなるのでしょうか。

水泳は有酸素運動の代表ですが、私にとっては無酸素に限りなく近いと思います。おぼれそうに泳いでいるのでしょうね。

遠泳のクロールを教えてくれる方、いらしたらご連絡ください。


 
2007年4月1日(日)

運動 歩行 運転

私は運動オンチです。体育という科目はよい成績であったことがありません。体が硬いせいでしょうか。体格からは考えられないとよく言われます。

では運動しないかというとそうでもない。

よく歩きます。通勤は約50分かけてクリニックに参ります。帰りは途中の誘惑が多すぎるので、電車またはバスです。これは勤務医時代から続けていて、約10年になります。でもなかなかやせませんでした。

最近は東京の色々なところに出かけます。3時間は最低歩きます。街の雰囲気とかわかって楽しいです。散歩の後に”さあ、ビール”とならないようにしています。

車は運転しません。なので車は持っていません。自転車はあります。お酒を飲むので飲酒運転をしないためといっていますが、実際は運転が下手なので、縦列駐車ができないためです。それと事故を起こすのが怖いからです。

先日免許の書き換えに都庁にいきました。”金 優良”です。運転していませんからね。これが優良と言うのも不思議ですが、この金は有料でした。書き換えは。 

まだゴルフはやっていません。もうはじめるには遅いように思いますけれど・・・。とはいえ食わず嫌いはいけませんね。人生は1度ですからね。

でも人と競うスポーツは苦手です。

実際のところゴルフは運動(有酸素運動)に分類されていません。ゲームです。

今日はエプリルフールですが、このブログの内容はうそではありません。

 

 


 
2007年3月20日(火)

病院検索・歯科検索ホスピタJP

株式会社イーエックス・パートナーズさんの運営している病院検索・歯科検索ホスピタJPさんに当医院も掲載して頂きました。
地域から検索できたり、診療科目、専門医など色々な検索項目があり、内容も充実していますので、病院選びに必要なすべての情報が網羅されています。ドクターからも非常にお勧めサイトです。