お知らせ ( 院長ブログ「そねログ」 )

ホーム » お知らせ一覧
2020年9月26日(土)

ソフトバンク:唾液による新型コロナPCR検査始める

 

  2020年9月24日、ソフトバンクが唾液による新型コロナのPCR検査を郵送で始めるとのことです。

 

ソフトバンクのPCR検査、どんな内容?

一検体(1回の検査)2000円だそうで、現在の通常20000円から大幅にダウンした状況で検査ができます。孫さんの価格破壊(ケータイ電話もこのくらいダウンしてくれるといいですが)とアイディアを実現してしまうことに敬意を表します。。

 

ただし、医師の証明が出ないので、あくまで一つの指標であるとのことです。

「社会的」にはこのような程度の検査結果で問題ないとも言えます。




検査によって、「感染していない」ことを証明できるのか?

そこで、少し「医学的」なことについてお話しします。

 

検査というのは本来、陽性かどうかを調べるものです。

陽性かもしれない人に検査して、陽性であった、または陰性であった、という判定に用います。陽性であれば、治療するとか隔離するとかその対処が決まるということです。

一方で、陽性でない=陰性を証明することにはなりません。

 

陰性であった場合、症状が疑われれば再度検査ですが、たとえ症状がなくて陰性だとしても、これで晴れて大丈夫という保証は一つもありません

もっと言えば、検体採取がうまくできないで、陰性を判断してしまう可能性もあるのです。疑えばきりがないのですが、さらに言えば現在無症状のコロナ感染者が多いので、症状がなく、検査で陰性でも、検査後にコロナ感染がないという保証はどこにもないのです。

 

…このように、陽性であった場合はその対処が決まるということですが、逆に、陰性であっても、現在のコロナ感染なしを証明することにはならないということです。

上記は「医学的」な解釈ですが、「社会的」には「陰性がでればいい」といえば、いいのかもしれません。

 

 

陰性と判断されたときのリスク。責任の所在は。

問題は、陰性の結果が出ていても、その方が検査後に感染して(または感染していたのに陰性の結果がでてしまって)、場合によってはクラスターを発生させるようなことになった時検査結果が大丈夫だったからということで済ますことができるのかどうか。それが検査の限界であったということくらいで済まされるのかどうか。そこが問題ではあります。

 

 

PCR検査で陰性だったとしても、気を付けていただきたいこと

陰性かどうかわからないけれども、最大限の予防措置をしているとなれば、それはそれで社会的には認められると思います。

一方で、ソフトバンクだろうがクリニックのPCR検査だろうが、陰性の結果だったので、最大限の予防措置を講じかなった結果、クラスターを発生させた場合は社会的には認められるのかどうか、そこが問題です。

 

ソフトバンクのPCR検査は最初は法人単位とのことですので、上記のような解釈を多少ともご理解いただいたうえで、検査を施行することをお願いする次第です。





タグ: , , , ,

 
2020年9月25日(金)

まつ毛がのびるお薬?ールミガン(グラッシュビスタ)ー

 

新型コロナウイルスの影響でマスクでの生活があたりまえになりました。口元が隠されることで、目元への注目が以前より高まっているように思われます。

本日は、まつ毛に効くお薬のお話です。

 

ルミガンと グラッシュビスター何が違うのか?どんなお薬?

ルミガンは、まつ毛をすこしのばす薬剤として使われている薬です。グラッシュビスタとルミガンは同じ薬です。ルミガンは医療用、グラッシュビスタは美容用として名前が付けられています。

 

ルミガンの仕組みーどうしてまつ毛がのびるのか?

本来、「ルミガン」の薬効は緑内障治療薬です。副効用として、まつ毛が伸びることで、美容用としても使われる薬です。

まつ毛の毛根に血流を増やすことで、まつ毛が長くなっても抜けずに生え続ける効果があります。したがって、まつ毛そのものに付けても効果はまったくありません

 

ルミガンはどうやって使うの?オススメの使用方法は?

使い方は、1日1回、ほんの少し、まつ毛の生え際に”付ける”程度で十分です。綿棒では一滴をたらしても、綿に全部吸い込まれてしまうことがありますが、実際にはその程度の”付着”でも効果が十分ともいわれています。


タグ: , ,

 
2020年9月16日(水)

女性の便秘について

 

女性には便秘が多く、男性は下痢が多いです。

 

– ストレスでおなかの弱い男性

それは、何故か?男性はストレスに弱いため、何かあるとすぐに排便して、対応するためといわれています。私は戦場にいったことがないので…わかりませんが、戦闘時に少しでも身軽にし遠くために、排便がやわらかいのではないかとの意見もあります。

 

– 女性が便秘になるのはホルモンのせい?

さて女性ですが、ホルモンの関係、腹筋が弱い、運動が足りない、食事(食物繊維)が少ないなどの種々の原因が重なり、女性は便秘が多いです。

更年期を過ぎると便秘の方が減るので、女性ホルモンはかなりの役割を占めているかもしれません。中には腸管が長いために排便習慣が難しい人もいます。

 

– 困った便秘にはどうしたらいいの?

便秘の対処法は以下の方法が挙げられます。

 

(1)薬剤:

刺激性薬剤と非刺激性薬剤とがあります。

①刺激性薬剤

刺激性薬剤は腸管の蠕動運動を亢進させて無理やり排便させるものです。これでしか出ない人もいます。

②非刺激性薬剤

一方、非刺激性で有名な薬剤は酸化マグネシウムです。これは腸管内にマグネシウムによって水分を保持して便の量を多くして排便させるのもです。

酸化マグネシウムは通常副作用は少ないですが、場合によよっては高マグネシウム血症で不整脈の原因となることもあります。また、連用によって大腸の黒色化がおこることもあるようです(大腸黒色化が大腸がんとの関連があることは現状報告されていないようです)。

③ピル

中には生理の前後だけ便秘がひどい方もいらっしゃいます。ピルによって生理不順や月経困難症を改善することで、便秘が良くなる方もいます。

 

(2)生活習慣:

腹筋を鍛えることは大事なので、適度な運動は必要です。歩くだけでも良いという人もいます。

 

(3)食事:

食事の偏りと言いますが、女性ではそれほど偏っていることがないことも多いです。

ただし、いくつかの食物が便秘に効果があると言われています。

一つはキウイ、もう一つは小豆です。

これらはテレビでも放映されているのでご覧になった方もいると思います。キウイは毎日1個食べるというものです。小豆はある程度の量を連日食べることで便秘を解消するというもので、その量は人それぞれ少し違うようです。一度食事習慣の中に取り入れてみて試してみるのも良いと思います。



上記の方法を種々組み合わせて、自分にあった方法を見つけ、便秘をうまくコントロールして快適な生活を送りましょう。


タグ: , , ,

 
2020年9月15日(火)

スキンケア関連薬の診療

 

スキンケア関連の医薬品について、自由診療の範囲で、お薬を処方・ご送付いたします。

通常使われているビタミンC(シナール)ピリドキサールトランサミンユベラなどの基本的なスキンケア医薬品です。順次薬剤をひろげていきますので、よろしくお願いします。

なお、用法用量は指示に従ってください。また、基本的に自己責任で服薬していただきますので、ご理解いただけますようお願いいたします。

※現状ではアルダクトンAなどの本来の適応と異なる薬剤の自由診療はいたしません。

 

よろしくお願いします。


 
2020年9月11日(金)

ピル服用中の定期血液検査項目について 「Dダイマー」:血栓の指標

 

当院では、ピルの定期採血で「Dダイマー」といった項目を測定しており、ピルの副作用である血栓症の判断材料のひとつにしています。本日は、この「Dダイマー」についてお話します。

 

– 「Dダイマー」とは?値が高いとどうなるの?

Dダイマーの解釈ですが、「陰性」であれば、かなりの確率で、血栓はないだろうと考えられていますが、その一方で、Dダイマー値が高くても、血栓症の症状(下肢の腫れ等)がないと、血栓がないことが多いようです。そして、症状があってDダイマーが高い場合は、血栓の可能性が高い…かもしれないといわれています。

 

– 判定が複雑なDダイマー

日本産婦人科学会による「ピル処方ガイドライン」では、Dダイマーの判定が複雑ということもあり、血栓症状がある場合にのみに検査するよう推奨されています。

 

普通、検査というのは、例えば検査陰性=健康、検査陽性=病気、というような単純な判定であってほしいのですが、Dダイマーは、検査陰性=ほぼ健康(血栓なし)、検査陽性=血栓があるのか、ないのか???、特に症状がなくてDダイマーが高くても血栓はないことが多い、、という検査なのです。

 

ですが、現在のところ、血栓の可能性を示唆できる簡便な検査法はDダイマー以外にありません。また、現在Dダイマー陰性=血栓なしということが、将来も血栓がないことの保証にはならず、今現在の血栓はないということがわかるということです。

…とはいえ、採血でDダイマーで血栓の可能性を考えることができることは素晴らしいことです。

 

– そねクリニックの検査で、Dダイマーが陽性だったら…?

当院でDダイマーが陽性だった場合、症状が無ければ、基本的に再度検査をしていただきます。

再度陽性がでた場合は、下肢エコー(超音波検査)などを行って血栓がないかを調べます。

エコーで血栓がなかった場合は、Dダイマーを再度再検査(つまり、再再検査)いたします。そのうえで陽性がでた場合は、念のため一度ピルの服用を中止していただいております。

 

– 恐ろしい副作用、「血栓症」を防ぐために

Dダイマーが陽性であった場合に、再検査やエコーなどで患者様にはご不便をお掛けしますが、血栓を起こして、後遺症を残したり、場合によっては命の危険に至ることのないようにしたいため、ご協力をお願いします。

 

なお、実際に血栓を起こす確率は日本では正確にはわかっていませんが、おおよそ10万人に数人から数十人程度ではないかと思われます。血栓の危険因子は「喫煙」、「高血圧」、「40歳以上」などです。

予防のために、「禁煙」、「水分補給」、「適度な運動」を心がけ、定期的に検査を受診しましょう。


タグ: , , ,