お知らせ

ホーム » お知らせ一覧 » 新型コロナウイルスとインフルエンザ - 症状では区別ができない??
2020年9月10日(木)

新型コロナウイルスとインフルエンザ - 症状では区別ができない??

 

区別が難しいコロナとインフルエンザ

新型コロナウイルス感染症の感染者数が、少しずつ少なくなってきてはおりますが、

医療機関では「コロナ」と「熱中症」の区別がつかずその対応に苦慮している状況です。

夏が過ぎていけば熱中症はだんだん減っていくのですが、今度は冬になると「インフルエンザ」が流行って来ることになり、熱中症とコロナ以上にその区別が難しくなります。

 

今年はインフルエンザの検査も受けられない?!

今年の冬は多くの医療機関で、コロナの検査だけでなく、インフルエンザの検査もしないことが予想されます。

厚労省からは、「発熱の患者については電話で対応する」という方針になりそうで、指定された医療機関のみがコロナ検査と同時にインフルエンザ検査をし、コロナ感染かインフルエンザ感染かを分類して対応するということのようです。

 

冬に備えてどうしたらいいのか?

このような状況での予防策の第一として、なるべくインフルエンザワクチンを受けておきましょう。

それだけでなく、インフルエンザにかからないことも大事ですから、「マスク」、「手洗い」、「うがい(うがいについては疑いもありますが)」等を励行しましょう。

そして、なにしろ大事なことは、インフルエンザにも、コロナにも罹らないために、3蜜を避け、不要不急の外出や密な飲み会などをできる限り避けた生活をすることです。

 

さらに大事なことは体調管理です。睡眠不足にならないように栄養の偏りがないように大きなストレスをなるべく受けないように、十分注意してください。

 

日本のコロナ禍を支える医療従事者をこの冬これ以上圧迫しないためにも…皆様へお願い

もう一つ、裏側の話として、知っていただきたいことがあります。

医療機関はコロナの発生第一波以来、ほどんど休む間もなく、働き続けています。さらに、通常の診療のほかに、コロナに対して、ガウンテクニック、消毒、マスク、手袋、フェイスシールドなど、これらを装着して(装着するのに5分以上かかる。場合によっては1人で装着できないガウンもある)、作業をしています。

ひとたび装着すると、トイレも行けなくて、汗もかけなくて、これも場合にっては数時間その環境で働いているのです(時には紙おむつの場合もあるでしょう)。このような状況を毎日毎日行っている状況です。

 

さらに、物品の供給が十分でなくなると、使い捨てのものを再度使用したり(特にN95マスクは高いので、再使用しているところが多い)、本来の使用目的と違う形で使用して、感染防止をせざるを得ない(ガウンがなくて、ゴミ袋を代用していたこともあり)場合もあったりします。

 

もちろん、仕事ですから、という考えもあり、それはそれとして認めざるを得ません。しかし、このような状況がすでに8か月以上続き、常に自分も感染の危険にさらされながら、種々の感染対策をして、身体的にも精神的にも制限されたストレスの多い状況で働き続けているのです。

 

すべての医療機関がこのような環境で業務を続けているわけではないとしても、コロナの感染疑いのある患者様を含めて、コロナ感染者が増えれば、感染対策を実施した業務が長時間続くことが予想されます。

現在、コロナ感染者受け入れ病院は基本的に患者の受け入れを拒否できません。患者が増えれば、作業が長時間になることは必然的に起こります。おのずと制約された中で、業務を遂行していかなければなりません。テレビではほとんどの医療従事者はこのような苦労を話しません。そのことをどうかご理解を頂きたいのです。

 

幸いにして、現在の日本では医療崩壊をかろうじて免れています。

医療崩壊とは、コロナ感染者を収容するところもなく、対処するベッドもなく、感染者が廊下で横たわり、十分な感染対策もできず呼吸困難で苦しんでいる。そのような感染者の横を、不十分な感染対策しかできない医療従事者が忙しく働きまわっている、というような諸外国ですでに見たような光景のことです。



さて、これから冬を迎えるにあたり、インフルエンザやコロナに罹らない対策を万全にすることが、自分の身を守るためにも、医療のひっ迫を避けるためにも、必要になってくるということです。

今年の冬は特に気を付けて生活していただきたいと、医療関係者のはしくれとして、お願いいたします。

 

 


タグ: , , , ,