お知らせ ( 2007年11月 の記事 )

ホーム » お知らせ
2007年11月15日(木)

混合診療について

混合診療について法廷では一部が認められ、厚生労働省は控訴の方針とのことです。

一方で規制改革会議では混合診療を認める方向で答申するとニュースにでておりました。小泉改革のときにすでに俎上にあがっています。

医師会は混合診療に反対しております。

そもそも混合診療とは何でしょう。それは保険診療と自費診療を一緒におこなうことです。

現在まで混合診療は保険診療上認められていないので、自費診療と保険診療が混在した場合、保険診療分はすべて自費診療となり、患者さんの負担になりました。

一方保険でできないl高度な医療を受けたい場合などは混合診療にならざるを得ず、患者さんの幅広いニーズにこたえるために混合診療は解禁されるべきであるというのが、混合診療を解禁する論拠です。

反対側の論拠は解禁すると患者の医療負担が増えて医療の安全性と有効性が確保できないというものです。

医師会は医療の質をどのように確保すべきかを真剣に考えていますが、保険基金に拠出していないので、好きなことを言っているといわれかねません。

一方の規制改革委員会は国の財政事情から、保険でまかなうべき医療費を削減することが目的(小さな政府)ですから、混合診療によって保険でまかなう医療費は減ります。その分、患者さん個人の負担は増えます。 どういうことかというと、今まで保険で認めてきた診療を保険からはずしてしまうのです。そして認められなくなった診療は自費診療にしてくださいということになります。

従いまして混合診療を認めると、おそらく統計上は医療費が減るので、国の財政上は”めでたしめでたし”となります。一方国民の懐には医療費の重さがずっしりのしかかってきます。

国はどちらかというと医療を個人の負担にする方向で考えているように思えます。

日本の保険制度は平等性や皆保険など現行の保険制度としてはすばらしいものです。世界一の長寿国になったのも日本の皆保険精度が大きく役だったと思います(事実かどうかはわかりませんが)。でも日本に財政上のゆとりがなくなった今、国としては、現行保険制度を守ることよりも、国の財政事情を改善させる一方、国民の健康は国民一人ひとりが自分で守ってください、といっているように思えます。

良い側面から見ると、混合診療にすれば、自由度が広がり、自分自身の懐事情にあわせて、選択できますよ、ということです。別な見方をすれば、国は今までどおりは面倒見れない(最低限の診療は認めましょう)から、より良い健康生活をしたいのなら、自分でお金をかけてくださいね、ということでしょうか。

混合診療の場合、困った事態もあります。患者さんの側が、たとえば、薬の量がたくさんあった方が効くのではないか、と思ったとしましょう。そのことを医師に相談します。医師は現行の保険診療ではこれが限界ということで、患者さんにも納得してもらえます。

しかし時として、患者さんが、緊急にその薬をたくさん飲んででも効果を出したい状況があったとします。

たとえば、風邪気味だけれど、これから大事な仕事があるから、すこし多めに飲んでみるほうが効くのではないか、とか。このことを医師に相談します。

通常医師はそれほど薬に期待するのもではないと、納得して貰うための説得をするでしょう。しかし一部の医師は患者さんの要望に応えて、薬を多く処方したとしましょう。

するとそのために副作用が出現した場合(薬は多い量で副作用が出やすい)、患者さんと医師の関係はどうなるでしょう。この場合、ややっこしい関係になりますね。医師はその患者さんが希望しているのであれば、しかたないか、と考えて処方します。しかし、”患者さんのため”でありながら、そうではなくなってしまう。このような状況がたくさん起こりうるでしょう。そうなると薬ひとつの処方のたびに、患者さんはその薬を飲むことの承諾書を頂いたりしなければならなくなりますね。

行き着く先はどうなるのやら、だんだん暗い気持ちになってまいります。

 


タグ:

 
2007年11月9日(金)

ED改善薬と聴力障害について

FDA(アメリカにおける厚生労働省の薬事に関する部署)の発表によればED改善薬に聴力障害を起こす場合があるとのことです。現状では使用症例数4000万人以上に対して、29例があったとのことです。本邦では臨床的に問題となった症例はないようです。ただしファイザーのお客様相談室に1名だけ一時的聴力障害を相談した方がいたようです。 続報がはいりましたら逐次ブログにて更新します。

 


 
2007年11月8日(木)

宣伝される”理想の”薬たち

過剰な宣伝の健康用品が多い。

”10日間で◎kgやせる”、とか”男性回復のほにゃららら”、”理想の美肌を”、などなど。

いずれも”そうだったらうれしい”という文句が並ぶ。

一方で先日は血液さらさらの腕輪でつかまった人もいた。

いったい宣伝文句のような状況が本当に存在するのかどうか。

以前ある種のきのこで癌が治るということで大きく取りざたされたことがある。

”ほにゃららら服用10人の証言!!!癌が治る!!!”など。

もうこれだけで癌にかかっている方は飲んでみたくなる。私も弱い人間だから、そのような状況になったときは恐らくその言葉におどらされてしまうだろう。

冷静に考えれば、そのような”神の薬”は存在しないことはわかるのだが、冷静さを欠いてしまっている状況では判断はできにくい。ましてや不安である場合は藁をもすがる気持ちなのだ。

効果を判定するためには常に4つの状況を評価することで初めて可能である。

つまり、ある薬を①使って良い効果、②使って悪い効果、③使わなくて良い効果、④使わなくて悪い効果。

これらの比率として①使って良い効果、④使わなくて悪い効果が多くならなければならない。

同時に②使って悪い効果、③使わなくて良い効果が少なくなければならない。

しかも結果がどうであれ、使う人たち(①と②)と使わない人たち(③と④)がほぼ同数で、同じような人たちを対象にしなければならない。

上記の状況をクリアしてはじめて、効果があるかないか判定できる。

”ほにゃららら10人の証言!!!”で10人に効果があった(①の状況)けれども、一方で100万人は使っても効果がなかった(②の状況)場合、”10人の証言!!!”は何になるのでしょう。。

私たちは”ある行為=すべての結果”とシンプルに理解したい。でも全体をみるとそうでもないことも多々あるのです。

いつもこのような冷静な判断ができるようになりたいとは思うが、弱みを握られたりすると、そんな判断ができにくくなりますね。 ましてや”理想の肌”とか、いつも追い求めているものであったりすると、すぐ飛びつくのが人情でしょう。人情に立ち向かうのは易いことではありません。

 


 
2007年11月1日(木)

ED改善薬;初めての方へ

ED改善薬が3種類もあるために、どの薬にしてよいか迷ってしまうという声を多数お聞きしました。

そこでそねクリニックではED改善薬を初めて使ってみたい方のためにED改善薬トライアルセットを作りました。

このトライアルセットはバイアグラ50mg、レビトラ10mg、レビトラ20mg、シアリス5mg、シアリス10mg、シアリス20mgの6種類が1錠ずつ含まれています。

それぞれの薬剤を使ってみていただくことで、ご自身に合ったお薬を選んでいただくことができますので、是非ご検討下さい。

また既にED改善薬はを使っているが、新しい薬剤もどのようなものか知りたい場合などにもご利用いただけると思います。

なお、費用は診療および解説の小冊子つきで12000円です。


タグ: