お知らせ

ホーム » お知らせ一覧 » 産業医ご依頼について
2011年2月8日(火)

産業医ご依頼について

産業医のご依頼を多数お引き受けするようになってまいりました。多くの企業で産業医を変更するの産業医を選任してもかえって混乱してしまう場合です。その理由のおおきなものは以下の3つです。

1)労働衛生における産業医の立場についてです。産業医が業務を理解しないで様々な提言をすることがおおいのですが、企業側も産業医の役立て方がわからず、企業側が混乱することによります。産業医側の問題もさることながら、企業側としての問題もあることもあります。

2)メンタルヘルスへの対応の問題です。メンタルヘルスは今日の企業ではどこでも大きな問題です。メンタルヘルスを専門として研鑽を積んでこられた先生がたはどうしても労働者側の立場になりがちです。しかし産業医はきちんと業務を遂行できるかどうかを判断し、提言しなければなりません。この点でも産業医の立場に対する考えがきちんとしていないと混乱します。

3)費用の点。EAPと絡めた産業衛生企業に依頼すると、様々なサービスがあって充実しているのですが、実際には莫大な費用となってしまったり、様々なサービスは本来不要なものも多かったり、産業医の選定が十分でなかったりというような問題もあるようです。