お知らせ

ホーム » お知らせ一覧 » DPP4阻害薬
2010年3月12日(金)

DPP4阻害薬

糖尿病の治療に新たなページが開かれた。
DPP4阻害薬という薬。副作用としての低血糖が少なく、インスリン分泌を血糖に応じて調節させるという薬。
著効例ではHbA1Cで1.7-2.0位低下させる。
今後これらの薬が続々でてくる。
A1Cがよくなるのはよいが、その結果それ以上に食べてしまう危険性があるが、DPP4阻害薬は今までの薬剤と違って余計な食欲がでないところがよい。まだ2週間処方ではある。


タグ: