お知らせ

ホーム » お知らせ一覧 » はしかの予防接種
2008年10月17日(金)

はしかの予防接種

はしかの予防接種を受けましょう。
特に10-20歳代でははしかの予防接種を受けていなかったり、今までにはしかに罹患していなかったりして、はしかの免疫が弱いことが推測されています。
はしかに罹患すると高熱と発疹のほかに、脳炎になる場合があり、その場合はかなり長期にわたります。回復しても後遺症が残ってしまうこともありますし、不幸にも死亡してしまうことさえありえます。
はしかの予防接種をしたかどうかは母子手帳で確認できます。母子手帳がない場合には採血検査でわかります。


タグ: