お知らせ

ホーム » お知らせ一覧 » 自由であるということ
2008年8月7日(木)

自由であるということ

 ”皇居は広くていいな。そんな広い庭がある家に住みたい”
 と、こともあろうに家族からこんなはなしがでる。
 本当にしつけのなっていない家だ!!、とわれながら、自分のふがいなさに落胆する。
 ”じゃ、皇居にすんでみたら”といってみた。
 すると
 ”えっ?できるの?”
 そこでこう答えた。
 ”皇居に住んで、3度3度の食事も全部ついているんだけど、ただひとつ自由にならないことがある”
 ”それは?”
 ”それは皇居の外に出てはいけない”
 ”いやだなぁ。そんなの。自由じゃないもん”
 ”でもそうやって暮らしている人がいるんだよね”
 ”・・・・・”
 自由であることの楽しさと、それを守るために自分がするべきことがわかったのだろうか。
 わからないですね。皇居に住んだことがないなら。自分も含めて。
 


タグ: