お知らせ

ホーム » お知らせ一覧 » 腎機能低下
2007年4月25日(水)

腎機能低下

最近新聞で慢性腎疾患をCKDと称して特集したようだ。

CKDでは腎機能を研鑽するのだけれど、MDRDというアメリカの簡易式(腎臓学会でもこれに若干の修正を加えるようだ)を当てはめると、日本人は6割以上が腎機能60%以下でCKDという”病気”になってしまう。

では腎不全(透析)になる人が日本に多いかというと、アメリカと変わらない。いずれの国も透析になる一番多い原因が糖尿病である。

新しい疾患概念が出ると、国民の大多数が病気となってしまう。特にリスクリダクションが治療の手段である疾病では顕著である。